Aztecコード概要

Aztec Sample Barcode

アズテックコードは1997年にAIMによって発行され、1995年にAndrew LongacreJr。とRobertHusseyによって作成されました。中央のファインダーパターンがアステカのピラミッドに似ていることにちなんで名付けられました。

1D/2Dバーコードのスキャンの仕方 (英語)

サポートするホストデバイス

os

PAztecコードをサポートするスキャナー

(D740, D745, D750, D760, S740, S760で使えます)

サポートするビジネスアプリケーション:

 

パートナーアプリ

Socket MobileのCapture SDKが組み込まれたアプルの代表例.

apps-with-sdk

SocketMobileの最新のCaptureSDKがアプリに実装されていることをアプリケーションプロバイダーに確認してください。 最新のCaptureSDKバージョンを参照してください。.

パートナーアプリの全リストは こちら.

Capture SDKを使っていないアプリ

Socket MobileのCapture SDKを使っていないアプリの代表例

apps-no-sm-sdk

プログラミング

 

アズテックコードは、すべての2Dイメージャーバーコードスキャナーでデフォルトでサポートされています。 以下のコードをスキャンするだけで、SocketMobileスキャナーでこのシンボルを有効または無効にできます。 注:コマンドバーコードをスキャンする前に、スキャナーが切断状態になっている必要があります。

Aztecシンボロジーを有効にする*:

Aztecコードを有効にするにはこのバーコードをスキャンしてください:

Enable Aztec Barcode

Aztecを無効にする*:

Aztecコードを無効にするにはこのバーコードをスキャンしてください:

Aztec_Disable

詳細並びにトラブルシューティングはプログラミングガイド をご覧ください.
* D750の場合はプログラミングガイドに記載の別のコマンドバーコードをスキャンしてください.

トラブルシューティング / FAQ

 

Q: Aztecコードは主にどこで使われますか

A: 輸送, チケット発行, 航空業界, 倉庫


 

Q: Aztecコードから文字の数を除くにはどうしたらいいですか?

A:アプリが近々リリースされます。barcode support formにご記入の上お送りください