GS1 DataBar Expanded 概要

GS1 DataBar Expanded Barcode

すべてのGS1DataBar Expandedは、14桁のデータ構造でグローバルトレードアイテム番号(GTIN)をエンコードし、この記号はEAN / UPCよりも50%小さくなっています。

1D・2Dバーコードのスキャンの仕方 (英語)

サポートするホストデバイス

os

GS1 DataBar Expandedおサポートするスキャナー

(D750以外はすべてサポートしています)

サポートするビジネスアプリ:

 

パートナーアプリ

Socket MobileのCapture SDKが組み込まれたアプルの代表例.

apps-with-sdk

SocketMobileの最新のCaptureSDKがアプリに実装されていることをアプリケーションプロバイダーに確認してください。 最新のCaptureSDKバージョンを参照してください。.

パートナーアプリの全リストは こちら.

Capture SDKを使っていないアプリ

Socket MobileのCapture SDKを使っていないアプリの代表例

apps-no-sm-sdk

プログラミング

 

GS1 DataBar Expandedは、すべてのSocketMobileバーコードスキャナーでサポートされています。 以下のコードをスキャンするだけで、SocketMobileスキャナーでこのシンボルを有効または無効にできます。 注:コマンドバーコードをスキャンする前に、スキャナーが切断状態になっている必要があります。

GS1 DataBar Expandedを有効にするには以下のバーコードをスキャンしてください*:
(D730やS730をお使いの場合はこのバーコードを紙に印刷してからスキャンしてください)


Enable GS1 DataBar Expanded Barcode


GS1 DataBar Expandedを無効にするには以下のバーコードをスキャンしてください*:
(D730やS730をお使いの場合はこのバーコードを紙に印刷してからスキャンしてください)

 



Disable GS1 DataBar Expanded Barcode

詳細並びにトラブルシューティングはプログラミングガイド をご覧ください.
* D750の場合はプログラミングガイドに記載の別のコマンドバーコードをスキャンしてください.

トラブルシューティング / FAQ

 

Q: GS1 DataBar Expandedんぽ代表的用途?

A: 小売店、スーパーマーケット



Q:
 GTINだけを読むには?

A:バーコードサポートフォームに記入して送ってください

Q: AIM IDを読むには?

A:  AIM IDを有効にするには下記のバーコードをスキャンしてください. (D730やS730をお使いの場合はこのバーコードを紙に印刷してスキャンしてください)

備考:このバーコードをスキャンしてもビープ音はなりません。

Enable AIM Code ID