Socket Mobile-JP » CaptureSDK » Integrate Step-by-Step

お客様のアプリにCaptureSDKを組み込みます

お客様のアプリにCaptureSDK を組み込む手順ガイド.

こちら Opens new site から登録を行っていただき、送られてくるeMailのリンクから、メンバーシップをご購入ください。この購入は一回だけです

(備考: 購入は会社単位で無期限に有効です。もし会社のeMailドメイン内のどなたかが既に登録して購入いただいている場合は、新しいお客様が登録すると自動的に会社のアカウントに追加されます。)

お客様が選ばれた 言語/開発環境 Opens new site で、関連情報が見れます。

また、我々の GitHub channel Opens new site にある多くのサンプルアプリの一つから始めることもできます。

ご自身のアプリの準備ができましたら、お客様のAppKeyを入手して管理 Opens new site する必要があります。これはお客様のデベロッパーアカウントからSDKを組み込むために必要です。

AppKey は一度だけ生成され、無期限に使えます。

備考: CaptureSDKを使うためにインターネット接続は必要ありません。

Apple Enterpriseの場合: この手順はスキップできます。

Apple App Storeにアプリを掲載する場合:. お客様のアプリをAppStoreに送信する前に、AppleのMFiプログラムへの掲載を許可するためにアプリをSocketに送ってください。

CaptureSDKでは外部アクセサリフレームワークを介して外部デバイスの使用を可能にするため、Appleは、公開する前にアプリが最初にMFi承認を取得する必要があります。 このプロセスは無料で、SocketMobileの開発者サポートチームによって処理されます。 準備ができたら、Socket Mobile開発者アカウントのアプリに移動し、クリックして詳細を見ることができます。 iOSアプリの場合、MFiに送信するオプションがあります。

この処理中にお訊ききになりたいことがありましたら Developer Support Opens new site までご連絡ください。

この手順をEmail...

 

プロダクトユーザー...

プロダクトマネジャー...