デジタルIDでアクセス制御を革新する

5月 10, 2023 by Macie Blakeman | BLOG

access-control-blog

ChatGPTによる翻訳

技術の進歩に伴い、従来の物理的なアクセス制御方法は時代遅れになっています。ビジネスオーナーやイベントマネージャーなどは、保護された空間に入るのは承認されたユーザーのみであることを確認することで、制限エリアをより安全にする方法を求めています。

デジタルIDは世界中で急速に人気を集め、アクセス制御をより安全で便利な方法で管理するための解決策を提供しています。これらの識別方法は、モバイルウォレットアプリケーションに保存され、QR/NFC技術を使用して認証することで、自分の身元を確認する安全な方法を作成しています。デジタルIDがアクセス制御をより良く管理する方法を探り、デジタルIDソリューションをセキュリティに実装する利点を議論しましょう。

デジタルIDとは何ですか?

デジタルIDは、運転免許証やパスポートなどの個人の身元を示すデジタル表現です。旅行や年齢制限のある商品の購入など、IDの提示が必要なプロセスで、個人の身元を認証および確認するために使用されます。

デジタルIDは、モバイルデバイスのモバイルウォレットアプリケーションを使用して識別情報を保存する形で、世界中の多くの管轄区域で統合されています。保存された情報は、データリーダーと共にQRコード/NFC技術を使用して読み取りおよび認証されます。これらのデジタルIDは、入り口のデータリーダーと組み合わせて、建物や制限エリア、イベントへのアクセス時に個人の身元を認証および確認するために使用できます。

アクセス許可/拒否のプロセスの効率化

携帯電話上のデジタルIDは、建物のアクセス制御、制限エリアへのアクセス制御、イベントへのアクセス制御など、さまざまな設定でセキュアなアクセス制御に使用できます。この技術は、エリアへのアクセス許可や拒否のプロセスを効率化し、プロセスを簡単にします。携帯電話のデジタルIDを物理的アクセス制御に使用するプロセスは以下の通りです。

  1. ユーザーが携帯電話を提示:ユーザーは、モバイルウォレットアプリケーションに保存されたデジタルIDを持つ携帯電話を提示します。
  2. データリーダーが情報を収集:データリーダーは、QRコードまたはNFC技術を使用して、ユーザーの携帯電話から直接保存されたID情報を読み取ります。
  3. 認証と確認:データリーダーは、デジタルIDに保存された情報を確認し、個人がエリアにアクセスする権限があることを確認します。
  4. アクセス許可または拒否:個人が認証されている場合、アクセスが許可されます。そうでない場合、アクセスが拒否されます。

アクセス制御のためのデジタルIDの統合の利点

アクセス制御のためのデジタルID技術の実装は、セキュリティ対策を強化し、利便性を向上させ、費用を削減するという利点があります。

まず、デジタルIDは、制限エリア/建物のセキュリティを大幅に向上させることができます。従来、アクセス制御は、鍵、アクセスカード、またはセキュリティコードを使用して管理されていました。ただし、これらの方法は、紛失した鍵や盗まれたアクセスカードやコードなどのセキュリティ侵害に対して脆弱です。モバイルウォレットアプリ内に保存されたデジタルIDは、携帯電話が通常パスワードで保護されており、電話が紛失または盗難された場合にロックできるため、これらの方法よりも高いレベルのセキュリティを提供します。

また、デジタルIDは複製や偽造が難しいです。QRコード技術は、コードが個人の身元に固有であり、複製が困難であるため、追加のセキュリティ層を提供します。

アクセス制御のためにデジタルIDを使用することで、制限エリアに入るために認証されたアクセスが必要な人々に新しいレベルの便利さが提供されます。これは、ユーザーが特定のエリアにアクセスするために携帯電話だけを持ち歩く必要があるためです。これにより、認証された個人は、キーカードをうっかり忘れる心配をせずに、すでに持っているモバイルデバイスを使用して簡単にアクセスできます。

最後に、デジタルIDをセキュアな入口ポイントのデータリーダーと組み合わせることは、従来のアクセス制御方法よりも費用対効果の高いオプションである場合があります。この技術により、ほとんどのスマートフォンでダウンロードできるモバイルウォレットアプリケーションが利用可能であるため、物理的なアクセスカードや鍵の購入や交換が不要になります。

アクセス制御の未来

アクセス制御のためのデジタルIDソリューションを実装することで、ビジネスや組織はセキュリティを強化し、コストを削減し、アクセス制御プロセスを効率化できます。建物、制限エリア、イベントへのアクセスを制御する場合でも、デジタルIDはより高いレベルのセキュリティ慣行を確立し、保護されたエリアへのアクセスを許可された個人のみに確保します。アクセス制御の未来が現在、デジタルIDがより安全でコントロールされたプロセスに向けて道を切り開いています。