配達サービスにおけるダメージバーコードの課題を克服する

2月 15, 2024 by Macie Blakeman | BLOG

socketcam-scanning-damaged-barcodes-during-delivery_blog

ChatGPT経由で翻訳

モバイル配達サービスは私たちの日常生活に不可欠であり、食事から食料品、家具、花まで、私たちの玄関先にすべてを届けます。この便利さには、顧客の期待が高まります。リアルタイムの更新とシームレスな配達体験は例外ではなく、最低限の期待となっています。ドライバーはますますプレッシャーを感じ、ダメージバーコードは毎日の挑戦のリストのトップに挙がっています。

ドライバーがバーコードからデータをキャプチャできない場合、配達プロセスに重大な遅延が生じることがあり、これがより大きな物流上の困難につながることがあります。

この業界内でのダメージバーコードの影響と、モバイル配達サービスビジネスがこれらのダメージバーコードの障害を克服するのに役立つ高性能データキャプチャソリューションを探ることにしましょう。

バーコードの脆弱性の障害

配送から玄関先まで、配達の旅の各ステージで信頼性の高いデータキャプチャが重要です。バーコードは物理的なアイテムとデジタルトラッキングシステムとの間のギャップを埋めますが、しばしばスキャン不能にする多くの外部要因の影響を受けやすいです

  • 物理的な損傷:パッケージのラベルや紙に印刷されたバーコードは、取り扱い、積み込み、または積み降ろし中に傷つけられたり、裂けたりすることがあります。さらに、パッケージが押しつぶされたり曲がったりすると、バーコードが歪んで読み取れなくなることがあります。
  • 環境への露出:雨、雪、または過剰な日光がインクを滲ませたり、紙のラベルを劣化させたりすることがあります。輸送中のパッケージはまた、バーコードを覆ったり、見えなくしたりする汚れや泥を蓄積することがあります。
  • 印刷およびラベリングエラー:バーコードが不適切に印刷された場合、最初から読み取り不能になる可能性があります。印刷品質が悪い、パッケージ上の配置が不適切、または包装材料が過剰に使用されると、簡単にバーコードが損傷することがあります。
  • 取り扱いおよび使用エラー:頻繁なスキャンが時にバーコードラベルのインクを摩耗させ、取り扱い者による誤ったマーキングもコードを損傷する可能性があります。

配達サービスにおけるダメージバーコードの長期的な影響

ダメージバーコードは配達ビジネスにとって重大な課題を提示します。多くのデータキャプチャデバイスは、これらのコードを解読するための技術を備えていません。配達ドライバーが必要なデータをキャプチャできない場合、はるかに大きな問題につながる可能性があります。

  • 処理の遅延:システムがダメージバーコードを読み取れない場合、配達ドライバーによる物理的なデータ入力を必要とするなど、手動介入がしばしば必要です。彼らが時間内に複数の配達を完了するためにドアからドアへと進むと、このプロセスは重大な遅延を引き起こす可能性があります。
  • パッケージの誤配送:ダメージバーコードは、パッケージが間違った場所に送られる原因となり、さらなる遅延を引き起こし、紛失または誤配送されたアイテムにつながる可能性があります。誤配送されたパッケージは、正しい目的地に到達するために2回以上輸送される必要があるため、追加の送料を発生させることがあります。
  • データの損失:バーコードには、パッケージの内容、起源、目的地、および取り扱い指示に関する重要な情報が含まれています。バーコードの損傷は、この情報の損失を引き起こし、配達プロセスと顧客サービスを複雑にする可能性があります。
  • 盗難または紛失のリスクの増加:バーコードが損傷し、パッケージが適切に追跡できない場合、それは保護されていない状態で放置されるか、中途半端な状態になり、盗難や紛失のリスクが増加します。
  • 顧客の不満:バーコードの問題による遅延または紛失した配達は、顧客のフラストレーションと不満を引き起こし、企業の評判と顧客のロイヤリティに潜在的な影響を与える可能性があります。

ダメージバーコードの広範囲にわたる問題と配達ビジネスへの重大な影響を考えると、ドライバーを最新のデータ管理ソリューションで装備することが重要であることが明らかです。

ダメージバーコードが配達プロセスを妨げるのを防ぐ

Socket Mobileは、これらの特定の課題に対処するために設計されたデータリーダーの数を提供しており、SocketCam—最先端のカメラバーコードスキャニングソフトウェアを含みます。これにより、ユーザーはスマートフォンやタブレットのカメラを使用して高性能データキャプチャにアクセスし、配達ドライバーに即時のバーコードスキャニング機能を提供できます。

高度なバージョンであるSocketCam C860は、ダメージバーコードスキャニング技術で業界をリードしており、競合他社を上回り、最も損傷を受けたバーコードを迅速かつ正確にデコードします。SocketCamを統合した配達アプリケーションは、途中でバーコードが損傷しても、配達プロセスの各ポイントでエンドツーエンドの追跡と確認を提供します。SocketCamは、悪い照明条件でも、損傷したバーコードのデータをキャプチャし、さらなる処理のために配達アプリケーションに正確なデータを転送できます。顧客は引き続き配達の所在に関するリアルタイムの更新を受け取り、ドライバーはバーコードの問題による遅延に直面する必要はありません—すべての関係者にとってのウィンウィンの状況です。

配達業界向けのSocketCam C860の特長:

  • 高度なダメージコードデコーディング:C860は、他の主要なソフトウェアデコーダーよりも3倍速く重度に損傷したバーコードを正確に解釈します。
  • 多様なスキャニング能力:低照明条件や不便な角度で多数のバーコードタイプを読み取る能力は、移動中のドライバーにとって貴重なソリューションですです。
  • スキャン速度の向上:スキャン時間を短縮することで、C860はより迅速なパッケージ処理を可能にし、全体的な配達時間を改善し、運用のボトルネックを減少させます。
  • 信頼性:堅牢なスキャニング技術は、データが初回で正確にキャプチャされ、パッケージが正しくルーティングされることを保証し、見逃し配達とそれに関連するコストのリスクを最小限に抑えます。

SocketCamは、Socket MobileのCaptureSDKを使用して、配達アプリケーションに簡単に統合でき、迅速かつ信頼性の高い一貫したデータキャプチャパフォーマンスを提供します。SocketCam C860を使用することで、配達サービスはダメージバーコードによって引き起こされる痛点を大幅に減少させ、ピックアップから配達までのシームレスでエラーフリーなプロセスを保証できます。

顧客満足度を一軒ごとに提供する

配達業界が日々データキャプチャの課題に直面する中、SocketCam C860は業界のダメージバーコードの問題に対する強力な解決策です。モバイルバーコードスキャニングに新たな精度と信頼性のレベルをもたらし、配達が順調に進み、顧客満足度が最高点を維持することを保証します。Socket Mobileの技術を統合することで、配達アプリケーションはダメージバーコードの課題を乗り越え、ビジネスへの顧客の忠誠心と信頼を確保できます。

Socket Mobileのソリューションが配達サービスをどのように最適化するか詳しく知る

配達アプリケーションにSocketCamを統合する