Socket Mobile、Apple VAS認定のNFCモバイルウォレットリーダーSocketScan S550を発表

12月 13, 2023 by Socket Mobile | PRESS RELEASES

カリフォルニア州フレモント、2023年12月13日 — データキャプチャとデリバリーソリューションのリーディングプロバイダーであるSocket Mobile, Inc.(NASDAQ: SCKT)は、NFCモバイルウォレットリーダーSocketScan S550がApple® VAS認定を受けたことを発表しました。

AppleのValue Added Services(VAS)は、Apple Wallet内でデジタルパスを保存・利用することに焦点を当てています。Apple Payが物理的な銀行カードを非接触決済に置き換えるように、Apple WalletはNFC対応のデジタルパスを受け入れます。これらのデジタルパスは、忠誠心カード、イベントチケット、クラブ会員カードや鍵、およびさまざまな非銀行系の身分証明書を置き換えるように設計されています。Apple Payが支払い取引に焦点を当てているのに対し、S550はiOSの広範なVASインフラストラクチャと連携し、ビジネスがシームレスなタップアンドゴー体験を提供するのを容易にします。

Apple WalletのNFCパスを使用するには、互換性のあるリーダーがApple VASプロトコルをサポートしている必要があります。Socket MobileのS550は、AppleのNFC VASプロトコルに準拠し、iPhoneおよびApple Watchに搭載されているApple Walletからモバイルパスを選択・取得するための認証を受けています。この認証により、S550はすべてのプラットフォームで一貫した体験を提供し、iOSによって導入される新機能に対応するよう設計されています。

「SocketScan S550のApple VAS認定により、私たちは、非接触型iOSアプリケーションを開発する開発者への優れたユーザー体験とシンプルなサポートの提供というコミットメントを維持しています」とSocket Mobileのチーフビジネスオフィサー、デイブ・ホームズは述べています。「S550は、忠誠心プログラム、デジタルID、イベントチケットなどを使用するAppleユーザーに、魅力的で一貫した体験を提供します。Appleのモバイルウォレット機能が進化し続ける中、私たちはパートナーにVAS認定のNFCソリューションを提供し、スムーズで一貫性のある顧客とのインタラクションを可能にすることを誇りに思っています。S550により、アプリケーションパートナーはApple VASエコシステムに統合し、1つのリーダーで幅広いNFC対応デジタルパスをサポートできるようになります。Socket Mobileは、開発者へのサポートと高品質の維持のため、常に追加の認証を求めています。今後もNFCモバイルウォレット技術の最前線に立ち続け、お客様や市場の動的なニーズに応えるために進化し続けます。」

SocketScan S550は、最新の13.56 MHz非接触技術とBluetooth Low Energy接続を組み合わせ、アプリへの簡単で無痛的な統合を目指して設計されています。S550はNFCフォーラム、Apple VAS、Google Pay、CIPURSEに認定されており、多くのロイヤルティプログラム、クローズドループ決済、モバイル運転免許証(mDL)による年齢確認、チケット検証システムなど、数え切れないほどのアプリケーションに最適なリーダーです。

S550をアプリケーションに有効にしたい開発者は、Socket MobileのSDKを通じて行うことができます。CaptureSDKは、アプリ提供者に最も信頼性が高く一貫したデータキャプチャパフォーマンスを提供します。CaptureSDKの1回の統合により、アプリ提供者はSocket Mobileのデータキャプチャ製品を交換可能に提供でき、エンドユーザーは特定のニーズに最適なデバイスを選択する自由を持ちます。既にCaptureSDKを使用している場合、S550は箱から出してすぐに使用できます。

Apple VAS認定のNFCモバイルウォレットリーダーSocketScan S550についてもっと知る