Socket Mobile-JP » ナレッジセンター » 製品の特長 » 使用事例 » 建物の安全コンプライアンス

Building Reports社の成功事例

お客様へ


建物の安全コンプライアンスを守ることは、居住者を守るテナント店舗、建物の所有者、消防担当者にとって重要です。Building Reports Opens new siteとは、賞を獲得したモバイル・オンライン安全点検報告ツールの開発会社です。提供する製品により、点検担当者は火災・人命安全装置に関するデータを迅速に収集できます。容易に確認できる点検レポートを通じて、点検担当者はそれぞれの装置が正常に動作しているかどうか、安全規定を満たしているかどうかを判断できます。もし装置が安全規定を満たしていない場合、点検担当者はコンプライアンスを満たすために必要な次の作業を把握することができるようになります。

これまでに数百万の点検レポート、数十万の建物、また800を超える点検会社ネットワークにより、Building Reports はコンプライアンスレポートにおける信頼性の高い評価を受けております。

課題


モバイルデバイスのバッテリー量は限られています。予備のバッテリーや特別なスキャナーを使用すると、電力はより長持ちし、スマートフォンのカメラによって電力を大量に消費し尽くす状況を回避できます。しかし、多くの場合、それだけでは十分ではありません。

世界最大のBuildingReports社のデータベースから集められた業界ベンチマークレポートに基づくと、点検が完了するまでに 6 時間以上かかる場合よくがあります。時間=お金であり、モバイルデバイスを再充電するために作業を停止することは、非効率であるだけでなく、1 時間ごとのダウンタイムの非常に大きなお金のロスとなることがあります。

特に産業用および集合住宅などの類には物理的な課題もあります。それらの高い天井や、手の届かない場所や狭いスペースに設置されている煙探知機などの装置をスキャンすることが困難であったり、不可能になる場合があります。

点検担当者は、バーコードスキャナーを搭載したモバイルデバイスを延長ポールにくくりつけることで十分に高い位置に届きますが、これではカメラやスキャナーを地上で操作することはできません。これにより、ポールを落としたり、硬い物にぶつけたりした場合に、高価なデバイスが損傷したり壊れたりするリスクも高まります。

Socket Mobileのソリューション


BuildingReportsは、S800 1Dイメージャーバーコードスキャナー を選択して、軽量で耐久性のあるポールクリップと組み合わせて、リーチ範囲を広げました。BuildingReports は 3D 印刷技術を活用して、テナント店舗様が現場での点検に使用する機器 (伸縮式や煙探知機の点検ポールなど) にスキャナーを取り付けるための 3 つの異なるクリップを作り上げました。

主な利点としてはテナント店舗様は、点検対象の施設の周りにはしごを運んできたり、持ち上げたりする必要なく、防火および人命安全装置を点検することができるようになります。

結果


S800イメージャースキャナーの導入から数か月以内に、スタッフは 500 台以上のスキャナーユニットを購入しました。また毎週数十件の新規注文が行われています。BuildingReports のスタッフが述べたいくつかのメリットがあります。:

  1. 価格– S800デバイスは、現在市場に出回っているモバイルデバイスよりもはるかに費用対効果が高いため、テナント店舗は検査員に BYOD ポリシーを採用できます。
  2. 軽量で堅牢 - これにより、ポールの取り付けに関する問題が解決されます。 S800は、ガラス面のタッチスクリーンと精密な内部パーツを備えたモバイルデバイスよりも物理的な損傷を受けにくいと同時に、ポールの重さを軽減し、よりバランスがとれるようになります。
  3. バッテリ寿命 - 点検担当者は、スマートフォンの内蔵カメラでスキャンしてスマホ電池を大幅に消耗させるのではなく、データ読み取り用のバーコードスキャナを使用するだけで、スマートフォンのバッテリーを節約できます。バーコードスキャナーの消費電力は少ないため、1 回の充電で多くのスキャンが可能です。これにより、点検担当者の稼働時間が増え、スキャナーやスマホの充電を待っている時間が減ることとなります。

無料で試してみる

SocketCamを使用して、データの読み取りとスキャニングを無料でテストしてください。SocketCam C820を使用すると、モバイルデバイスのカメラを使用してアプリケーションに直接スキャンできるため、外部のバーコードスキャナーを必要とせずに高性能スキャンが実現します。