Afimilk

お客様へ


Afimilk Opens new site は、牛のモニタリング、牧場管理ソフトウェア、および店舗自動化デバイスを製造する酪農管理会社です。イスラエルのキブツアフィキムに本社を置くAfimilk 製品は、50 か国以上に上る15,000を超える牧場で使用されています。彼らの製品は、乳牛群をより健康で管理しやすく、生産性を上げるように開発されています。

課題

Afimilkの牛のモニタリングソリューションは、ヒートマップの検知、反芻および食事時間データ、個々の健康アラート、グループの消化に関するアラートなど、農家が求めるすべての情報を提供します。それぞれの牛はシンプルな牛ID番号で区別され、個々の牛のモニタリングデバイスである AficollarにNFCデータとして保存されます。

このID番号にアクセスするために、牧場作業員はスマートフォンに組み込まれたNFC機能を使用しました。ただし、これにはいくつかの重大な欠点がありました。主には、動物に接近する必要があったため、機器を危険にさらすことです。

「牛は約500kgに上る動物です。お客様がスマートフォンを牛近づけると、スマートフォンが壊れたり、損傷したり、完全に破壊されたりする危険があります」と、AfimilkのプロダクトマネージャーであるItay Rejzewski氏は述べています。

Socket Mobileのソリューション

専門のNFCリーダーを比較した後に、AfimilkはSocket MobileのDuraScan D600NFCリーダー/ライターを選びました。D600 は使いやすく、且つディベロッパーフレンドリーで、耐久性に優れているため、Afimilkのお客様にとって最適な特徴を有していると言えます。

SDK を使用するのではなく、Afimilk はD600をキーボード入力の用途で組み込みました。彼らは途中でいくつかの課題に直面し、Socket サポートに連絡しました。

「サポートは素晴らしく、必要なものはすべてSocket MobileのシニアプロダクトマネージャーであるVincent Coli氏に手伝っていただきました」と Rejzewski 氏は言います。

結果

「タグを読み取る作業が簡単になりました。スマートフォンで読むよりもはるかに簡単です」とRejzewski 氏は述べています。

D600は労力を削減し、生産性を向上させ、デバイスを損傷するリスクを軽減します。これにより、Afimilkのお客様データとその運用にフォーカスすることができます。

Afimilkは、お客様からの評価の高いフィードバックとスムーズな運用の導入の後押しを受け、D600実装の成功をさらに推し進めていきたいと考えています。彼らは将来的には、NFC対応の製品をさらに開発する予定です。

無料で試してみる

SocketCamを使用して、データの読み取りとスキャニングを無料でテストしてください。SocketCam C820を使用すると、モバイルデバイスのカメラを使用してアプリケーションに直接スキャンできるため、外部のバーコードスキャナーを必要とせずに高性能スキャンが実現します。