Apatorグループの成功事例

お客様へ


Apatorグループ Opens new siteは計量や開閉装置のアプリケーションを開発する電気機械の複合企業です。2020年前半にディベロッパーであるMobile Labs Opens new siteとパートナー提携を行い、Socket MobileのDuraScan D600を利用して水道メーターを読み込み・書き込みするAndroidのアプリケーションを開発しました。

課題


D600 を導入する前は、Apatorのお客様は、有線で接続する産業用PDA を使用して水道メーターのサービスを提供していました。この方法はあまり好ましくありませんでした。技術者が接続ケーブルを運び、両方のデバイスに接続しデータが転送されるのを待つ必要があるため、プロセスが複雑でした。さらに、有線デバイスのためPDAの密閉性を妨げ、デバイスの耐久性を低下させました。

D600があればNFCを通して接続をすることができます。

Socket Mobileのソリューション


Apator水道メーターは、IoT (モノのインターネット) デバイスです。 D600は、このデバイスをMobile Labs が開発したAndroidアプリケーションとの橋渡しとして機能します。このアプリケーションは、技術者が流水量データの取得と保存、デバイス設定の変更、重要な水道メーターのメンテナンスを現場で行うことができるよう設計されています。

Mobile Labs の開発者は、開発プロセスで Socket Mobile’s D600Script および D600 Maintenance mobile applicationsを包括的に使用しました。 これにより、Apator のニーズに合わせてカスタマイズされた機能のアプリケーションを開発することができました。彼らの完成した製品には次のものが含まれていました。MCU (マイクロコントローラーユニット) からペイロードを配信および取得するための 4 つのカプセル化された PC/SC (パーソナル コンピューター/スマート カード) コマンド。アプリケーションが水道メーターカードへの電力をコントロールできるようにするカードトラッキング。 CCID V3 (チップカードインターフェイスデバイス、バージョン 3) は、Apator のメーターへの高速で信頼性の高い接続を可能にします。

この一連のテクニカルな機能は、ユーザーフレンドリーなデザインと組み合わされており、特にはユーザーに「D600 を近づけて保存してください」と指示を出します。最終製品は、細部にまで注意を払って作られており、業界のトップに位置するアプリケーションです。実際には、これにより製品が改善され、ユーザー エクスペリエンスが改善され、作業の生産性と効率が向上しました。

結果


Socket Mobileでワイヤレス化することで、Apatorのお客様はさまざまな利便性を得ることができました。デザインの観点からは、NFCによりApatorのソリューションを密閉化することを可能にしました。これにより、より安全で耐久性のある製品へと進化しました。回路に電力を供給するためのバッテリが不要になり、D600がインターフェース時に電源として機能します。NFC はパッシブRF (無線周波数) システムであるため、UL認証もFCC 認証も必要ありません。そして最後に、これはサイバーセキュアソリューションです。D600 とメーター間の接続を保護することで、利便性がセキュリティを犠牲にすることもありません。

無料で試してみる

SocketCamを使用して、データの読み取りとスキャニングを無料でテストしてください。SocketCam C820を使用すると、モバイルデバイスのカメラを使用してアプリケーションに直接スキャンできるため、外部のバーコードスキャナーを必要とせずに高性能スキャンが実現します。