データリーダーが発するサウンドとその意味

Socket Mobileのスキャナーとリーダーが発するサウンドのパターンで、ユーザーはそれがどのような意味かを知ることができます。以下のガイドはサウンドのパターンとその意味です。

ビープ音が1回

スキャン成功。 バーコードのスキャンが成功するとこのサウンドが鳴ります。

速いビープ音が1回

Appleのオンスクリーンキーボード切り替へ。このサウンドは、ユーザがベーシックキーボード(HID)モードでAppleデバイスに接続し、リーダーの電源ボタンをダブルタップしたときに発生します.

動画: iOSキーボードの切り替え Opens New Window

高い音のビープ音が1回

リーダーの接続に成功。 このサウンドは、リーダーがサポートされているアプリケーション(アプリケーションモードの場合)またはデバイスに直接ペアリングされている場合(基本キーボードモードの場合)に生成されます。「ハッピービープ音」と呼ばれています。

長いビープ音が1回

リーダーがホストの検索をあきらめました。このサウンドは、リーダーが検出可能であるが、ホストデバイスへの接続に失敗した場合に発生します。

ビープ音が2回

リーダーの接続が切れました。このサウンドは、Bluetooth範囲外であるかBluetooth、ホストデバイスの電源がオフになっているか、ホストデバイスの電源がオフになっているために、リーダーがホストデバイスから切断されたときに発生します。Bluetoothライトが点滅します。

素早いビープ音が2回

電源が検出. この音は、リーダーが充電ドックまたはスタンドに置かれたとき、またはケーブルが充電ポートに直接差し込まれたときに発生します。オレンジ色の充電ライトが点滅します。

2段階で上昇するトーン

電源オン. この音は、リーダーの電源がオンになったときに鳴ります。

2段階で下降するトーン

電源オフ。 この音は、リーダーの電源がオフになったときに鳴ります。

素早いビープ音が3回

バーコードは読み取られましたが、リーダーがペアリングされていません。 このサウンドは、バーコードが正常に読み取られたが、リーダーがホストデバイスとペアリングされておらず、バーコードデータを配信する場所がない場合に作成されます。

3つのビープ音

プログラミングバーコードの読み取り成功。 この音は、リーダーがプログラミングバーコードを正しく読み取り、関連する機能が正常にプログラムされたときに発生します。

上昇するトーンが3回

リーダーが初期化された。 このサウンドは、リーダーが工場出荷時のデフォルト設定にリセットされ、ホストデバイスとペアリングする準備ができた後に鳴ります。

下降するトーンが3回

ペアリングリセット。 この音は、ペアリングのリセット中にリーダーが保存しているペアリングプロファイルを削除した後に鳴ります。

動画: ペアリングリセットの方法 Opens New Window

3つのトーンと1つの長いビープ音

プログラミングバーコードの読み取り失敗。 この音は、リーダーがプログラミングバーコードを読み取ろうとして失敗したときに発生します。

5つのビープ音

ファクトリーリセット。 このサウンドは、リーダーが工場出荷時のデフォルト設定にリセットされたときに発生します。

動画: ファクトリーリセットの仕方 Opens New Window

Not sure which reader is right for you?

Have questions finding the best data reader suited for your business requirements? Our sales team is happy to help you, or you can try our reader selection tool below.