カメラベースのスキャナ― vs. Bluetoothバーコードスキャナ―

カメラベースのスキャンでは、モバイルデバイス内のカメラを使用してデータを収集しますが、バーコードスキャンBluetoothは外部スキャンデバイスが必要です。どのソリューションがビジネスに適しているかを知ることは、各スキャナが提供する利点と属性、およびそれらが日常のワークフローにどのように帰属できるかに帰着します。以下の比較ガイドを使用して、それぞれの長所と短所を評価し、ニーズに最も適したスキャンソリューションを見つけてください。

カメラを使ったバーコードスキャン

scanning-phone-hover

概要

スマートフォンのカメラを使用するのは、価格の確認やQRコードのスキャンなどの汎用的な使用に適したソリューションです。

利点

  • 設定 - スキャンしようとするバーコードがサポートされていれば、設定は不要です。
  • コスト - 内蔵のカメラを使うのでコストはかかりません。
  • 写真撮影が可能 - 何か問題が発生した時、カメラで撮影してデータに添付して送れるのでタイムリーに問題解決ができます。
  • マルチタスク- 写真の撮影、アプリケーションへの画像の受け渡し、日付と時刻のメモ、数量の受け渡しなど、複数の機能を実行します。
  • いつでもスキャン - スマートフォンは殆どの人が持っているので、いつでもスキャンできます.
  • 保存 - ネットワークが利用できない場合は、バーコードをスマートフォンに保存し、あとで送ることができます。

Socket Mobile のカメラベースのスキャナーである SocketCam ファミリーは、従来のビルドインのスマホやタブレットのスキャン技術よりも効率的です。SocketCamの利点を参照してください。

欠点

* SocketCam C860 は、以下にある標準のカメラベースのスキャナーの短所のいくつかを克服しました。

  • スキャン距離 - スキャン距離が短い.
  • 電池の持ち - スキャン中に画面に電力を供給し、OS上でアプリケーションを実行すると、スマートフォンのバッテリーの消耗が早くなります。
  • 使い勝手 - スマートフォンは重く、繰り返しスキャンの動きや角度に合わせて設計されていませんので操作性が悪く、使い勝手がよくありません。
  • 重量 - スマートフォンは重く、繰り返しの作業では疲れます
  • 機敏性 - スマートフォンは機敏性に欠け、使いにくいです.
  • スキャン処理 - アプリケーションの上にファインダーを配置し、デバイスをカメラの範囲に移動して焦点を合わせる必要があります。
  • セキュリティ - スマートフォンでスキャンされたデータは、情報を外部と共有することになり、機密情報が漏洩しやすくなります。
  • TOC(総所有コスト) - バーコードスキャナの寿命は長く、最新の技術に依存しないため、スマートフォンほど頻繁に交換する必要はありません。
  • 代替コスト - スマートフォンはスキャン中に破損する可能性があります。交換は、専用のバーコードスキャナよりも高価です。保護ケース/スレッドがあっても、スマートフォンの画面は簡単に割れる可能性があり、修理に費用がかかり、その間デバイスが使用できなくなる可能性があります。
  • 生産性の悪さ - データを転送する前にスマートフォンが壊れた場合は、データを再スキャンする必要があります。
  • OSの更新- スマートフォンには定期的なソフトウェアとOSのアップデートが必要です。バーコードスキャナはそうではありません。
  • 速度 - 照明条件などにより、スキャンに時間がかかります。
  • スキャンの頻度- 1日に20以上のスキャンには向いていません。

Bluetoothバーコードスキャナ―

scanning scanner-hover

概要

多くのバーコードをスキャンしたり、バーコードスキャン業務を効率的に迅速に行うには専用のバーコードスキャナーを使うことをお薦めします。

利点

  • 性能 - バーコードスキャナは、バーコードスキャンという単一の目的のために作られているので、スマートフォンよりも高速で信頼性の高いスキャンができます。
  • 読み取り距離 - スキャナの読み取り範囲はスマートフォンのカメラよりも広く、さまざまなサイズのバーコードを貼られたところからスキャンできます。
  • 使い勝手 - Socket Mobileのリーダーは人間工学に基づいて設計されているので、長時間の作業にも疲れません。
  • 重量 - スキャナーは軽量なので、手首の動きを最小限に抑えることができ、繰り返しの動きでも疲れません
  • 機敏性- リーダーは小さいので、必要に応じて小さなスペースに入れることができます。
  • 電池寿命 - バーコードスキャナにはスリープモードがあり、トリガーを引いたりバーコードを読み取ったりするときにのみ「オン」になります。バッテリー寿命はスマートフォンよりもかなり長いです。
  • インテグレーション - スキャナーでは、コンピューターで使用するためのドライバーなどは必要ありません。
  • セキュリティ -スキャナーはデータを保存または共有するようには設計されていないため、データ侵害の危険性は最小限に抑えられます。データを変更するアプリやその他のソフトウェアをスキャナーにダウンロードすることはできません。
  • コスト効率 - スキャナは単一目的のデバイスであり、購入とメンテナンスがそれほど複雑ではなく、安価です。
  • TOC(総所有コスト) - バーコードスキャナは、最新の技術に依存せず、スマートフォンほど頻繁に交換する必要はありません。
  • 置き換えコスト - スマートフォンはスキャナーとして設計されておらず、簡単に破損する可能性があります。バーコードスキャナは、破損しても交換するコストは低くなります。
  • 大量のスキャン - 1日あたり100回以上のスキャンに最適で、時間を大幅に節約でき、作業が快適です。

欠点

  • 写真撮影 - バーコードスキャナーでは画像を撮ることはできません。

If you are having issues with your data reader, please review our FAQs for a solution.

Not sure which reader is right for you?

Have questions finding the best data reader suited for your business requirements? Our sales team is happy to help you, or you can try our reader selection tool below.