Basic (HID) モード vs. App モードのスキャニング

Bluetoothバーコードスキャナーを設定する時は、データの読み取りと受信を行うモードを選択する必要があります。Basic(HID)モードとAppモードは、スキャナーをセットアップする2つの主要な方法であり、お客様のビジネスに最適なモードを選定することは計画的にデータ収集する上で非常に重要です。以下の比較ガイドを利用してメリットとデメリットを分析し、どのモードがお客様のデータ収集業務全体においてより有益化を判断して下さい。

Basic (HID) モード

basic-mode-hover

概要

Basicモードは、Bluetoothリーダーをセットアップするための最も簡単で、最も手早く、最もベーシックな形式です。Basicモードはキーボードエミュレーターであり、単方向通信を介して、タイピングの代わりとして迅速かつ正確にスキャンされたデータを転送します。

メリット

  • アプリケーション -アプリケーション不要。シンプルな外部のキーボードエミュレーションとしてアプリケーションから独立して動作します。
  • セットアップ - ソフトウェアのインストールが不要なため、非常に簡単です。

デメリット

  • スピード - 多くの2Dバーコードなど、大量のデータをエンコードするバーコードシンボルのスキャン及び読み取りスピードが比較的遅いです。
  • 機能の制限 - 外部キーボードとして動作するためオンスクリーンキーボードを利用を制限します。
  • 必要項目 -キーボード入力と同様にデータスキャンの前にアクティブカーソルが必要となります。
  • 国際用設定 - 国際用のキーボードに設定する必要があります。
  • バッテリー寿命 - リーダーとホストデバイスでより多くの電池を消費します。

App モード

app-mode-hover

概要

Appモードは、SocketMobileCaptureSDKを実装するソフトウェアアプリケーションを介してのみスキャナーを利用する高度な双方向通信モードです。

メリット

  • カスタマイズ - カスタムSDKを通してスキャナーへのコマンドとコントロールを完璧に行います。
  • 一貫性 - スキャナーとホストコンピューターまたはデバイス間の信頼性の高いパケットデータ通信を実現します。
  • スピード - 非常に早いスキャンと読み取りを実現します (コード全体を同時に読み取ります)
  • 柔軟性 - キーボードの使用を可能にし、スキャナーから独立して利用できるようにします。
  • 国際用設定 -国際用キーボード用に設定する必要はありません。 UniCode文字がサポートされています。

デメリット

  • 実装 -Socket Mobile SDKを実装しているアプリケーションのみで動作します。
  • 別途ダウンロード - SDKを使用しない場合は、ソフトウェアキーボードウェッジをダウンロードする必要があります。

If you are having issues with your data reader, please review our FAQs for a solution.

Not sure which reader is right for you?

Have questions finding the best data reader suited for your business requirements? Our sales team is happy to help you, or you can try our reader selection tool below.