USB vs. Bluetooth バーコードスキャナー

USBバーコードスキャナーとBluetoothバーコードスキャナーは、異なる仕事現場において、それぞれの明確な利点があります。以下の比較ガイドでは、お客様のニーズに最適なバーコードスキャナーを選択するために、各スキャナータイプの長所と短所の概要を説明します。

USB バーコードスキャナー

corded-scanner-hover

概要

ケーブル付きのものは、レジで商品をスキャンするだけでよい小規模のビジネスに最適です。スキャナーのケーブルがつながっている範囲内に限定されます。

長所

  • セットアップ - バーコードスキャナーをコンピューターのUSBポートに接続するだけで、コンピューターがデバイスを認識し、すぐに商品のスキャンを開始できます。
  • 電源 - 電源はUSBでつながっています。そのためバッテリーの交換の必要はありません。
  • USB テクノロジー - 便利で手早く安全で安価です。
  • コスト - USBテクノロジーはBluetoothより比較的安価です。
  • つながっているデバイス -スキャン作業中にスキャナーを見失ってしまい、探す必要はありません。

短所

  • 設定 - スキャナーがランダムにオフになる、バーコードを認識しない、ユーザーがEnterキーを押す必要があるなどの問題が発生する可能性があります。
  • 移動不可 - スキャンしたい商品をスキャナー付近に持って来る必要があります。つながっているデバイスから約1.5m以内でないといけないという制約があります。
  • ポート - USBポートが必要です。一部のコンピューターおよびタブレット(iPad)にはUSBポートがありません。
  • ケーブル - ケーブルが破損・摩耗する可能性があり、その際には総保有コスト(TCO)を要します。

Bluetooth バーコードスキャナー

nfc-handheld copy-hover

概要

スキャニングの作業に移動や広い場所での作業が伴う場合、ワイヤレスバーコードスキャナーのメリットが大きいです。Bluetoothバーコードスキャナーを使用すると、従業員はデバイスから10メートルまで離れた範囲で自由に仕事をすることができます。タブレットやスマートフォンに接続すれば、どこへでも移動できます。

長所

  • 移動の自由 - スキャナーはデバイスに有線でつながっておらず、接続されているデバイスから最大10メートル離れた所までスキャンできます。
  • 動かせないものをスキャンする-固定されていて動かせないものに所にスキャナーを持って行ってスキャンできます。
  • その場でサービスを提供 -お客様がどこにいてもサービスを提供することができます。
  • セットアップ -バーコードスキャナーはドライバーは不要で、Bluetoothとペアリングするだけですコンピューター側でデバイスを認識し、すぐにスキャンできる状態になります。
  • 接続 - 外部のポートを必要としません。Bluetoothクラシックをサポートする全てのデバイスと接続できます。

短所

  • 電源 - バッテリーが必要となるため、使用時間が限られます。
  • コスト - Bluetooth テクノロジーはUSBより高価です。
  • インターフェース-周辺環境の影響を受けやすい(電子レンジやWiFI等)

If you are having issues with your data reader, please review our FAQs for a solution.

Not sure which reader is right for you?

Have questions finding the best data reader suited for your business requirements? Our sales team is happy to help you, or you can try our reader selection tool below.