Socket Mobile-JP » サポート » データ編集 & バーコードサポート » 一般的なプログラミングリクエスト

一般的なデータプログラミングリクエスト

一般的なプログラミング要求に対するソリューションを探ります。以下に、Socket Mobile ユーザーが直面する一般的なデータ キャプチャの課題に対処するリソースとプログラミング コードのライブラリを示します。以下の解決策で問題が解決しない場合は、下にスクロールしてデータ編集ツールを使用することをお勧めします。

commonly-programming-request-white

重要:プログラミングバーコードをスキャンする前に、リーダーがホストデバイス(タブレット、スマートフォン、またはPC)から切断されていることを確認してください。

下のバーコードをクリックすると、スキャン用に拡大できます。

0を先頭に追加/削除

Not all POS systems recognize a leading zero. Add or remove the leading zero by scanning the relevant barcodes below.

Add a leading zero to UPC-A barcodes
Add a leading zero to UPC-A barcodes

Remove a leading zero from UPC-Aから先頭の0を取り除く
Remove a leading zero from UPC-A barcodes

チェックデジットを
追加/削除

すべてのPOSシステムがチェックディジット(最後の文字)を認識するわけではありません。以下の関連するバーコードをスキャンして、チェックディジットを追加または削除します。

UPC-Aチェックデジットを送信
Transmit UPC-A Check Digit

UPC-Aチェックデジットを送信しない
Do Not Transmit UPC-A Check Digit

Book
Supplementalを含める

Scan the barcode below to include the +5 supplemental characters on ISBN/UPC/EAN barcodes.

Auto discriminate ISBN/UPC/EAN supplementals
Enable ISBN Supplement

例:
978 ISBN with supplemental

プログラミングバーコードが正常に読み取られると、次のノイズが聞こえます。 リーダーからビープ音が1回鳴る場合は、Bluetoothから切断して再試行してください.

その他のプログラミングコード


このバーコードをスキャンして、リーダーを工場出荷時のデフォルト設定に戻します

Factory Reset

このバーコードをスキャンして、すべてのバッテリー節約タイマーをオフにします

Always on


このバーコードをスキャンして、8時間後にリーダーの電源を切ります

Off after 8 hours


このバーコードをスキャンして、4時間後にリーダーの電源を切ります

Off after 4 hours


このバーコードをスキャンして、2時間後にリーダーの電源を切ります

Off after 2 hours (default)

Scan this barcode to remove the audible successful scan confirmation

BeepOFF


このバーコードをスキャンして、スキャンの成功確認を可聴で有効にします

BeepON

このバーコードをスキャンしてキャリッジリターンを適用する

Carriage Return

このバーコードをスキャンして、リーダーの振動を有効にします

VibrateON


このバーコードをスキャンして、リーダーのバイブレーションを無効にします

VibrateOFF

何か他のものを探していますか?

リーダー向けの完全なプログラミングガイドにアクセスするには、以下からモデルを選択してください。

プログラミングサポート

さらにヘルプが必要な場合はcustomer support team にコンタクトしてください。

お客様に最適なツール

データリーダーの価値を最大限に引き出します。これらのツールによりお客様は新しいリーダーを発見し、新しいリーダーを最大限活用できるようになります。最高かつ最先端のツールをすぐに利用できるようにします。