Code 39 / TriOptic概要

Code 39 / TriOpticは、1974年にIntermecのDavidAllaisとRayStevensによって開発されました。元のデザインには、各文字に2つの幅の広いバーと1つの広いスペースが含まれ、40の文字が可能でした。 これらの文字の1つを開始パターンと停止パターンとして取っておくことで、39文字が残りました。これは、Code39という名前の由来です。

Code39-barcode

プログラミング

Code 39/TriOpticは、すべてのSocketMobileバーコードスキャナーでデフォルトでサポートされています。 以下のコードをスキャンするだけで、SocketMobileスキャナーでこのシンボルを有効または無効にできます。 注:コマンドバーコードをスキャンする前に、スキャナーが切断状態になっている必要があります。

Code 39/TriOpticを有効にするにはこのバーコードをスキャンしてください*:
(D730並びにS730の場合は、このバーコードを印刷してスキャンンしてください)

Code39-Enable


Code 39/TriOpticを無効にするにはこのバーコードをスキャンしてください*:
(D730並びにS730の場合は、このバーコードを印刷してスキャンンしてください)

Code39-Disable

詳細並びにトラブルシューティングはプログラミングガイド をご覧ください.
* D750の場合はプログラミングガイド Opens New Window に記載の別のコマンドバーコードをスキャンしてください.

トラブルシューティング / FAQ

Q: Code 39/TriOpticの代表的な用途は何ですか?

A: 在庫並びに工業用用途


Q: %や&などの特殊記号はどのように読みますか?

A: このバーコードをスキャンして、Code 39 Full ASCIIを有効にしてください. (D730並びに S730をお使いの場合はこのバーコードを印刷してスキャンしてください)

Code 39 Full ASCII Enable


Q: データを解析するにはどうしたらいいですか?

A: アプリが近々リリースされます。 barcode support form.に記入の上お送りください


Q: サポートが必要ですか?

A:バーコードのトラブルシューティングとFAQに関してはこちら

プログラミングサポート

さらなるサポートが必要ですか? 当社のプログラミングサポートチーム は待機しており、お手伝いする準備ができています。