UPC-A概要

Universal Product Code(UPC)は、米国、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、およびその他の国で店舗の貿易品目を追跡するために広く使用されているバーコード記号です。

UPC(技術的にはUPC-Aを指します)は、各取引アイテムに一意に割り当てられた12桁の数字で構成されます。 UPCは、関連するEANバーコードとともに、主にPOSでの取引アイテムのスキャンに使用されるバーコードです。

UPC-A Barcode

プログラミング

UPC-Aは、すべてのSocketMobileバーコードスキャナーでデフォルトでサポートされています。 以下のコードをスキャンするだけで、SocketMobileスキャナーでこのシンボルを有効または無効にできます。 注:コマンドバーコードをスキャンする前に、スキャナーが切断状態になっている必要があります。

UPC-Aを有効にするにはこのバーコードをスキャンしてください*:
(D730とS730をお使いの場合はこのバーコードを紙に印刷してスキャンしてください)

UPC-A Enable


UPC-Aを無効にするにはこのバーコードをスキャンしてください*:
(D730とS730をお使いの場合はこのバーコードを紙に印刷してスキャンしてください)

UPC-A Disable

詳細並びにトラブルシューティングはプログラミングガイド をご覧ください.
* D750の場合はプログラミングガイド Opens New Window に記載の別のコマンドバーコードをスキャンしてください.

トラブルシューティング / FAQ

Q: UPC-Aの代表的用途?

A: POS



Q:
 バーコードの先頭の0を除くには?

A: バーコードサポートフォーム.に記入の上お送りください


Q: UPC-Aを13桁として読むには?

A: バーコードサポートフォーム.に記入の上お送りください.


Q: サポートが必要ですか?

A:バーコードのトラブルシューティングとFAQに関してはこちら

プログラミングサポート

さらなるサポートが必要ですか? 当社のプログラミングサポートチーム は待機しており、お手伝いする準備ができています。