GS1 DataBar (旧RSS) 概要

すべてのGS1DataBarバーコードは、GS1 DataBarクーポンのシンボルファミリーで、全方向性、拡張、制限付きです。 これらはすべて、14桁のデータ構造でグローバルトレードアイテム番号(GTIN)をエンコードし、この記号はEAN / UPCよりも50%小さくなっています。

GS1 DataBar Barcode

プログラミング

以下のコードをスキャンするだけで、Socket Mobile スキャナーでこのシンボルを有効または無効にできます。注: コマンドバーコードをスキャンする前に、スキャナーが切断された状態である必要があります。

GS1 DataBarを有効にするにはこのバーコードをスキャンしてください*:
(D730とS730をお使いの場合はこのバーコードを紙に印刷してスキャンしてください)

GS1 DataBar Omnidirectional Enable


GS1 DataBarを無効にするにはこのバーコードをスキャンしてください*:
(D730とS730をお使いの場合はこのバーコードを紙に印刷してスキャンしてください)

GS1 DataBar Omnidirectional Disable

詳細並びにトラブルシューティングはプログラミングガイド をご覧ください.

トラブルシューティング / FAQ

Q: GS1 DataBarの代表的用途?

A:小売り店、スーパーマーケット



Q:
 GTINだけを読むには?

A: バーコードサポートフォームに記入の上送ってください.


Q: AIM IDを読むには?

A: AIM IDを読むには以下のバーコードをスキャンしてください(D730やS730をお使いの場合はこのバーコードを紙に印刷してスキャンしてください)

N備考:このバーコードをスキャンしてもビープ音はなりません。.

Enable AIM Code ID


Q: このバーコードを作成するお手伝いが必要ですか?

A: Socket Mobileはhttps://barcode.tec-it.com/ Opens new site をバーコード生成ツールとしてお薦めします


Q: サポートが必要ですか?

A:バーコードのトラブルシューティングとFAQに関してはこちら

プログラミングサポート

さらなるサポートが必要ですか? 当社のプログラミングサポートチーム は待機しており、お手伝いする準備ができています。